食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト
食のコンサルティング

近年、食業界を取りまく環境は大きく変化しており、企業の独自性や問題点など、各社様々な課題をかかえていらっしゃいます。食品メーカーをはじめ、中食、外食、流通業の方へ、一社一社のご要望に応じた企画、提案を行っています。

商品や営業、企画に関する相談

商品や営業、企画に関する相談

 食品メーカーをはじめ、外食、中食、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、病院などさまざまな食に関わる企業様のご相談に対応させていただいております。定期的にお客様とお打ち合わせをしながら、ご要望に応えさせていただく形をとっております。期間はスポット的な単位から、年間契約まで対応させていただいております。


<ご相談事例>
※新しいコンセプトの商品開発を考えていますが、ターゲットや販売戦略としてどのように考えたらよいでしょうか?

⇒最新のトレンド、消費者の傾向を基に的確なアドバイスをさせていただきます。また、営業戦略、販促ツール作成、プレゼンテーションの企画立案のお手伝いもさせていただきます。

※健康をキーワードに新しいメニューを考えています、どのようなメニューが流行っているのでしょうか?
⇒ご一緒にマーケットリサーチしながらデータ、トレンド、時代のニーズを考えた商品開発のお手伝いをさせていただきます。また商品開発だけでなく、ターゲット分析販売方法など多角的な販売促進のアドバイスもさせていただきます。

新規ビジネスサポート

新規ビジネスサポート

 食品企業の新規プロジェクト、外食企業の業態開発、中食企業の店舗開発など、お客様の新たな挑戦をサポートさせていただいております。また、時代背景、食行動から見た商品の分析に基づき、顧客に対してどのように商品を提案すべきか、プレゼンテーションの企画立案を含めご提案しています。プレゼンテーション資料(パワーポイント)の作成だけでなく、ご要望に応じて弊社社員がお客様の向け先様まで一緒に同行し、お客様と共にプレゼンテーションさせていただく場合もございます。今まで様々な業態、商品の種類、向け先様によって培われたノウハウがございますので、多角的なプレゼンテーションを立案させていただくことが可能です。

健康、栄養情報を付加したメニュー提案

健康、栄養情報を付加したメニュー提案

 外食、中食、宅配などお客様のニーズに応じ、実際に試作したメニューをイメージ写真、栄養価計算などを含めてご提案させていただいております。また、分析部門と連携し、食材の組み合わせ、調理方法まで考慮した科学的根拠(エビデンス)のあるメニュー開発のご提案もさせて頂いております。

商品開発のための社員教育

商品開発のための社員教育

 食品メーカー、商社、流通業の営業職、開発職の方に向けて商品開発に必要な食品の知識、栄養、健康、マーケティングなど基本的な内容からプレゼンテーションができるまでの食のセミナーをさせていただいております。対象となるお客様の業種、職種、キャリアに応じて様々な教育媒体をご用意しております。内容、対象の人数、ボリューム(1時間から1日)はご希望に応じさせていただきます。様々なテーマをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

衛生教育・衛生指導

衛生教育・衛生指導

 外食、中食、スーパーマーケット、食品製造工場など食品にかかわるすべての企業様に対して従業員衛生教育、工場・店舗の衛生チェック、衛生指導(拭き取り、サンプリングの細菌検査及びアドバイス)をさせていただいております。基本的にはお客様の現場にお邪魔させていただき、実際の環境でお話しさせていただきます。ご要望に応じて、弊社会議スペース(最大40名様まで)もございますので対応することが可能です。 パート従業員様やアルバイト従業員様、社員様、管理職の方など、対象の方の立場、レベルに応じてわかりやすい形で教育、指導をさせていただいております。衛生チェックでは、現場で写真を撮らせていただくこともあります。ただ問題点を指摘するのではなく、問題を一緒に解決していくための手法や計画を含めて総合的に指導させていただきます。

「食」に関する特別講演

「食」に関する特別講演

 食品展示会、フォーラム、公的機関のセミナーをはじめ、企業様の総会、催し、社内勉強会など広い分野で「食」に関する講演をさせていただいております。旬なテーマはもちろんのこと、さまざまな内容の資料を取りそろえておりますので、お客様のご要望に応じて講演させていただきます。

ベジ・ファースト

ベジ・ファースト

 私たちは、食事の摂り方として、「ベジ・ファースト」をすすめています。「ベジ・ファースト」とは、食事のときにまず野菜を食べ、次に肉や魚、最後にごはんを食べるという食べる順番のことです。糖尿病学会に発表された論文によると、健康な人が食事のときに最初に食べる料理を、野菜サラダとごはん類のどちらにするかで、食後の血糖値とインシュリン値がどう変化するかをみたところ、野菜サラダを先に食べたほうが、ごはん類を先に食べた場合に比べ、食後20~45分の血糖上昇値はあきらかに低くなり、高血糖値に到達する時間は約40 分遅くなりました。

 インシュリン値も血糖値と同じように出たことから、野菜サラダをごはん類よりも先に食べるほうが、食後の血糖上昇を抑えるために効果があることがわかりました。ごはんなどのでんぷん質を先にとると血糖値が上がりやすく、これを早く下げようとインシュリンが分泌されます。インシュリンにはとりすぎたエネルギーを脂肪に変える働きがあり、血液中のインシュリンが多すぎると、高血圧や高脂血症にもつながりかねません。そこで「ベジ・ファースト」野菜を先に食べてインシュリンが急激に出るのを防ごうというわけです。

「ベジファースト」は、ベジマルシェ通信第5号の中で取り上げております。内容はこちらです。

商品や営業、企画に関する相談

商品や営業、企画に関する相談食品メーカーをはじめ、外食、中食、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、病院などさまざまな食に関わる企業様のご相談に対応させていただいております。定期的にお客様とお打ち合わせをしながら、ご要望に応えさせていただく形をとっております。期間はスポット的な単位から、年間契約まで対応させていただいております。

<ご相談事例>
※新しいコンセプトの商品開発を考えていますが、ターゲットや販売戦略としてどのように考えたらよいでしょうか?

⇒最新のトレンド、消費者の傾向を基に的確なアドバイスをさせていただきます。また、営業戦略、販促ツール作成、プレゼンテーションの企画立案のお手伝いもさせていただきます。
※健康をキーワードに新しいメニューを考えています、どのようなメニューが流行っているのでしょうか?
⇒ご一緒にマーケットリサーチしながらデータ、トレンド、時代のニーズを考えた商品開発のお手伝いをさせていただきます。また商品開発だけでなく、ターゲット分析販売方法など多角的な販売促進のアドバイスもさせていただきます。

新規ビジネスサポート、プレゼンテーション企画立案

新規ビジネスサポート、プレゼンテーション企画立案食品企業の新規プロジェクト、外食企業の業態開発、中食企業の店舗開発など、お客様の新たな挑戦をサポートさせていただいております。また、時代背景、食行動から見た商品の分析に基づき、顧客に対してどのように商品を提案すべきか、プレゼンテーションの企画立案を含めご提案しています。

健康、栄養情報を付加したメニュー提案

健康、栄養情報を付加したメニュー提案外食、中食、宅配などお客様のニーズに応じ、実際に試作したメニューをイメージ写真、栄養価計算などを含めてご提案させていただいております。また、分析部門と連携し、食材の組み合わせ、調理方法まで考慮した科学的根拠(エビデンス)のあるメニュー開発のご提案もさせて頂いております。

商品開発のための社員教育(食のセミナー)

商品開発のための社員教育(食のセミナー)健康食品メーカー、商社、流通業の営業職、開発職の方に向けて商品開発に必要な食品の知識、栄養、健康、マーケティングなど基本的な内容からプレゼンテーションができるまでの食のセミナーをさせていただいております。

対象となるお客様の業種、職種、キャリアに応じて様々な教育媒体をご用意しております。内容、対象の人数、ボリューム(1時間から1日)はご希望に応じさせていただきます。様々なテーマをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

衛生教育・衛生指導

衛生教育・衛生指導外食、中食、スーパーマーケット、食品製造工場など食品にかかわるすべての企業様に対して従業員衛生教育、工場・店舗の衛生チェック、衛生指導(拭き取り、サンプリングの細菌検査及びアドバイス)をさせていただいております。

基本的にはお客様の現場にお邪魔させていただき、実際の環境でお話しさせていただきます。ご要望に応じて、弊社会議スペース(最大40名様まで)もございますので対応することが可能です。 パート従業員様やアルバイト従業員様、社員様、管理職の方など、対象の方の立場、レベルに応じてわかりやすい形で教育、指導をさせていただいております。衛生チェックでは、現場で写真を撮らせていただくこともあります。ただ問題点を指摘するのではなく、問題を一緒に解決していくための手法や計画を含めて総合的に指導させていただきます。

「食」に関する特別講演

「食」に関する特別講演食品展示会、フォーラム、公的機関のセミナーをはじめ、企業様の総会、催し、社内勉強会など広い分野で「食」に関する講演をさせていただいております。旬なテーマはもちろんのこと、さまざまな内容の資料を取りそろえておりますので、お客様のご要望に応じて講演させていただきます。

ベジ・ファースト

ベジ・ファースト私たちは、食事の摂り方として、「ベジ・ファースト」をすすめています。「ベジ・ファースト」とは、食事のときにまず野菜を食べ、次に肉や魚、最後にごはんを食べるという食べる順番のことです。糖尿病学会に発表された論文によると、健康な人が食事のときに最初に食べる料理を、野菜サラダとごはん類のどちらにするかで、食後の血糖値とインシュリン値がどう変化するかをみたところ、野菜サラダを先に食べたほうが、ごはん類を先に食べた場合に比べ、食後20~45分の血糖上昇値はあきらかに低くなり、高血糖値に到達する時間は約40 分遅くなりました。

インシュリン値も血糖値と同じように出たことから、野菜サラダをごはん類よりも先に食べるほうが、食後の血糖上昇を抑えるために効果があることがわかりました。ごはんなどのでんぷん質を先にとると血糖値が上がりやすく、これを早く下げようとインシュリンが分泌されます。インシュリンにはとりすぎたエネルギーを脂肪に変える働きがあり、血液中のインシュリンが多すぎると、高血圧や高脂血症にもつながりかねません。そこで「ベジ・ファースト」野菜を先に食べてインシュリンが急激に出るのを防ごうというわけです。「ベジファースト」は、ベジマルシェ通信第5号の中で取り上げております。内容はこちらです。