食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト
生命食セミナー名古屋
  • HOME
  • 生命食セミナー 名古屋

2015年03月14日

第41回「糖質の代謝と摂り方」

1部(午後3時~)野菜の分析プレゼンテーション「糖質との付き合い方」

2015-05-292017-13-20

糖と言われると、砂糖を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際には砂糖以外にも様々な種類の糖が存在しており、私たちの身体への影響も異なります。今回は、砂糖(上白糖)、難消化性デキストリン、エリスリトール、アガベシロップの4種類の甘味料をピックアップし、水に溶かしたものを試食する事で味の感じ方が異なる事を体感して頂きました。また、この4種類の甘味料をホットケーキに混ぜて焼いた際、焼き色にどのような違いあるかをご覧いただきました。結果、難消化性デキストリンとエリスリトールは焼き色があまり付かず、上白糖とアガベシロップはきつね色に焼きあがりました。これは、糖の種類によってその性質が異なることを示しています。例えば、エリスリトールはカロリーゼロ、難消化性デキストリンは血糖値の急激な上昇を抑制する等、それぞれの特徴や、身体への吸収率等の違いがあります。それぞれの甘味料の性質を理解し、自分の身体に合わせた使い方をしましょう。

今回は、糖質の吸収を抑制する働きのあるムチンを多く含む野菜や、糖質の代謝に必要なビタミンB郡やミネラルを含む野菜を使ったメニューを提供致しました。

2015-05-292017-11-49

※春の彩り発芽玄米寿司
糖の代謝に必要なビタミンB1が豊富に含まれる発芽玄米を使用したお寿司です。また、お酢にも玄米の酢を使用しました。甘味付けには、糖質が少ない天然の甘味料であるラカントを使用しました。また、旬の菜の花から紅菜苔を使用しています。

※レバー入りつみれの澄まし汁
糖質を抑えたい方にお勧めの、タンパク質からエネルギーをしっかり摂るためのメニューです。タンパク質の代謝に必要となるビタミンB12やビオチンなどを含む鶏肉を使用したつみれ汁です。また、鶏肉の中でも、ビタミンB群が最も多く含まれるレバーを練り込んでいます。

※常備菜(旬野菜の昆布漬け)
プチベール、だるま芋、うるい、うど等、ビタミン、ミネラルが含まれる旬野菜を日常的に取り入れて頂けるように浅漬けにしました。味付けに旨味の多いナンプラーを使用することで、塩分を低減しても満足感を得られます。

2部(午後4時15分~)セミナー(講師:弊社代表の丹羽真清)「糖質の代謝と摂り方」

2015-05-292017-10-47 糖質は重要なエネルギー源ですが、摂りすぎは肥満につながり、生活習慣病の原因になります。特に糖尿病患者は、現在世界中で増え続けています。最近の研究では、糖尿病でインスリンを打つ人は、糖尿病ではない人と比べてアルツハイマーのリスクが4倍になることが報告されています。糖尿病を予防するためには、インスリンが急激に上がらないよう睡眠不足や運動不足、ストレスを避ける、精白された炭水化物を取らない、野菜(食物繊維)から先に食べる、といった生活習慣や食事の摂り方が重要です。

3部(午後5時45分~) 軽食を交えた参加者との交流会

2015-05-292017-08-19

<交流会と軽食内容>

※京菜花のお浸し
別名:寒咲菜花と呼ばれており、一般の菜の花よりも独特のほろ苦さと香りがあります。本枯節の背中を多く使用した鰹節の出汁を効かせたお浸しで提供します。ベジマルシェBOXで使用している野菜です。

※熊笹茶
熊笹に含まれるササ多糖体(アラビノキシラン)が、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞を修復することで、インスリンの分泌能力を改善する事が報告されているお茶です。

※ギムネマ茶
インド南部原産のギムネマ・シルベスタを原料としたお茶です。ギムネマに含まれる天然の多糖類(プルラン)や、ギムネマ酸には、インスリン分泌抑制と、糖や脂質の吸収抑制作用があり、食後30分以内に飲むことにより、食後の血糖値コントロールに効果があることが報告されています。

※糀生スフレ
㈲和秀様の商品です。砂糖がゼロでも満足できるように甘麹を使用した自然な甘みや、炭水化物である小麦粉を使わずに国産の大豆粉を使用しています。また、油にはバターを使わず、コールドプレスオリーブオイルとココナッツオイルを使用しています。

「生命食セミナー 名古屋」

一覧
一覧