食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト
生命食セミナー名古屋
  • HOME
  • 生命食セミナー 名古屋

2015年05月23日

第43回「糖質の代謝と摂り方」

1部(午後3時~)交流会と分析プレゼンテーション「フルーツと血糖値~フルーツは血糖値を上げにくい?~」

222

今回は様々な柑橘類を御用意し、品種の特徴や、系列の関係を説明しながら試食していただきました。また、フルーツは血糖値を上げにくい、と言われているため、参加者の方々に柑橘を食べる前後で血糖値を測って頂き(30分間隔)、フルーツを食べた際に血糖値がどのように変化するのか体感して頂きました。結果、柑橘を食べる前に比べて、食べた後の血糖値は約30~40[mg/dl]上昇していました。予め、弊社スタッフが大福やパンを食べた際は、約50~60[mg/dl]上昇していたので、大福やパンに比べてフルーツは血糖値を上げにくいことが分かりました。大福やパンに含まれるデンプンは、分解されてグルコースになり、血中に長く留まります。一方で、フルーツに含まれるフルクトースは、グルコースに比べて吸収されやすいため血糖値が上がりにくいという報告があります。血糖値は気になるけどデザートも食べたい!という方は、糖質の代謝に必要なビタミン、ミネラルも含まれているフルーツを召し上がることをお勧めします。

2015-06-152022-15-13

<今回提供した柑橘類>

①文旦
文旦は、「土佐文旦」や、「阿久根文旦」、「平戸文旦」など、様々な種類があります。今回は高知県産の土佐文旦をご用意しました。

②灘オレンジ(河内晩柑)
別名、和製グレープフルーツと呼ばれるほどさわやかな香りがありますが、グレープフルーツほど苦味がなく、甘味と酸味のバランスが良い食べやすい柑橘です。

③甘夏
夏みかんの枝変わり(突然変異)で、夏みかんに比べて酸味が弱く、糖度が高いのが特徴。

④清見
オレンジとみかんをかけあわせた品種で、育種の親として交配に使われている品種。

⑤ほれっこ
清見タンゴールの枝変わりで、黄金清見とも呼ばれています。果肉の粒が大きく、とろっとしたやわらかい食感。オレンジのようにカットすると、特有の食感を楽しめます。

⑥デコポン
不知火の中で、糖度13度以上、クエン酸1%以下などの条件をクリアしたものがデコポンを名乗ることが出来ます。

⑦媛香
デコポン(不知火)の枝変わり。生産者が一人しかおらず、市場に出回らないため目にする機会がほとんどありません。皮が薄く、酸味がほとんどないため食べやすいのが特徴。
⑧カラマンダリン
みかん感覚で食べやすい柑橘。味はみかんよりも甘味が強く濃厚。

⑨なつみ
みかんよりもオレンジに近く、甘味と酸味があります。皮が薄く、食べやすい品種。

⑩黄金柑
柚子の香りとみかんの甘味をどちらも感じられます。柚子ほど酸味が強くなく、バランスが良い品種。

2部(午後4時15分~)セミナー(講師:弊社代表の丹羽真清)「食事で増やす幸せホルモン」

2015-06-152022-42-48

今年の4月23日、国連から世界幸福度ランキングが発表されました。このランキングよると、日本は158カ国中、46位となっています。では、幸福とは一体何でしょうか。幸せを感じる時、ヒトの身体の中で何が起こっているのでしょうか。今回は、幸福と食事の関係について講義しました。通常、ヒトの脳内にある神経細胞では、セロトニンやドーパミン等の神経伝達物質が放出され、受容体に結びつく事を繰り返しています。人間らしい感情や思考は、こうした神経伝達が正常に行われる事で生まれます。特にセロトニンは幸せホルモンと呼ばれており、幸せを感じるときに放出される神経伝達物質です。ところが、何らかの原因でセロトニンが正常に放出されなくなると、眠れなくなったり、食欲が無くなったり、無気力な状態になってしまいます。その主な原因は生活習慣です。昼夜逆転の不規則な生活を送っている、食事のバランスが悪い、他人とのコミュニケーションが少ない、運動不足、こうした生活を送っている人はセロトニンが不足してしまいます。セロトニンを増やすために重要な栄養素は、セロトニンの原料となるアミノ酸であるトリプトファン、タンパク質をアミノ酸に分解するのを助けるビタミンB6、セロトニンの合成に不可欠な鉄分、神経伝達物質の放出に不可欠なカルシウムやマグネシウム等…、こうした栄養素を含む食品を意識的に摂取しましょう。また、しっかりと噛むことでセロトニンの分泌を活性化させられるので、素材を大きめに切る、固めに茹でる等の工夫をして、しっかりと噛めるような調理を心掛けることも有効であると考えられます。

「生命食セミナー 名古屋」

一覧
一覧