食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト

第14号|ベジマルシェ通信 couleurs(クルール)

ベジマルシェ通信
  • HOME
  • 食を知る 生命食

第14号

『いま、養生訓が問いかけるもの』 「選食力」

『養生訓』は、江戸時代中期に出版されて健康ブームを巻き起こした、日本におけるベストセラーのひとつです。著者は貝原益軒という儒学者・本草学者。益軒は、虚弱体質で、生涯病弱だったことから、健康に留意し、養生に心がけて、平均寿命が40歳を切るという時代に85歳まで生きました。この本を書いたのは84歳といいますから、最後まで衰えを知らず、長寿を楽しんだスーパーシニアです。益軒は、養生とは、心身の気を保ち、病気にならないように予防して、心とからだの自己管理をすること、と言います。

写真
さらに詳しく