食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト

第27号|ベジマルシェ通信 couleurs(クルール)

ベジマルシェ通信
  • HOME
  • 食を知る 生命食

第27号

野菜の健康へのはたらきを伝えていく 食のフロントライン 脱プラスチック

野菜にはどんな健康へのはたらきがあるのか、最近の報告を紹介しましょう。英国インペリアルカレッジロンドンによると、世界中の論文95本、200万人を対象として、果物や野菜の摂取量と疾患の発症を検討した結果、野菜や果物1日200gの摂取で次のようなリスク低減が明らかになりました。心疾患のリスクは16%低下、脳卒中は18%、循環器疾患は13%、がんは4%、早死は15%、それぞれ低下するとのことです。シドニー大学は、果物と野菜を毎日適度に摂ることがストレス発生低下と関連していると発表しました。日本の国立がん研究センターは、野菜・果物の摂取は少量でも胃がん発生リスクを下げる、緑の葉野菜を食べると肝臓がんリスクが下がる、というデータを公表しています。

写真
さらに詳しく

食を知る 生命食