食の機能性研究
野菜と食品の受託分析
食のコンサルティング
生命食セミナー 東京
生命食セミナー 名古屋
通販サイト

第32号|ベジマルシェ通信 couleurs(クルール)

ベジマルシェ通信
  • HOME
  • 食を知る 生命食

第32号

野菜の価値を伝え、もっと需要を増やそう! 食のフロントライン 子ども食堂

CGCグループは、加盟している企業数214、総店舗数4096(2018年10月1日現在)という規模をもつ、日本最大のコーペラティブ・チェーン(小売業主宰の協業組織)です。その経営トップが集まる会議で、次の講演が行われました。•野菜の価値を伝え、もっと需要を増やそう! ( 丹羽真清)• 栄養・機能性表示の活用について(株式会社サラダコスモ 研究開発部長 中田光彦氏)• 農業・加工流通小売業は、命と健康を守る産業である(榊原農園 榊原伸泰氏)• 一次産業から考えるこれからの日本(三重大学副学長・地域戦略センター長 西村訓弘教授)野菜の価値を伝え、需要を増やすことは、「野菜で健康推進部会」のゴールのひとつです。野菜の価値とは、外見ではなく中身、ヒトの心身にはたらきかけるチカラ=機能性のことです。

写真
さらに詳しく

食を知る 生命食